プレミアムブラントゥースに含まれる研磨剤は危ないの?体験して感じたこと…

プレミアムブラントゥースに含まれる研磨剤は危ないの?体験して感じたこと…

 

あなたは研磨剤ってどんなイメージあります?

 

たぶん、世の中で浸透しているのはヤスリのように歯を削って汚れを取るイメージ、そんな感じじゃないでしょうか。
まぁ、研磨って付いているわけでそんなイメージを持つのも当たり前ですよね(^^;)

 

一般的に歯磨き粉でよく使われる研磨剤はいくつかありますが、有名なのはこのへんですね。

 

・無水ケイ酸
・水酸化アルミニウム
・重質炭酸カルシウム
・リン酸水素カルシウム

 

これらの研磨剤で磨くってことは、非常に細かい石で歯を磨いているっていう考え方をするとわかりやすいかと思います。

 

プレミアムブラントゥースに研磨剤は含まれているの?

で、プレミアムブラントゥースにその研磨剤は含まれているのかというと…
成分を確認するとわかると思います。

 

プレミアムブラントゥースの全成分について

水・ピロリン酸4Na(清掃剤)・セルロースガム(増着剤)・ポリリン酸(清掃剤)・ヒドロキシアパタイト(研磨剤)・アルガニアスピノサ核油(湿潤剤)・マスチック樹脂油(矯味剤)・キラヤ樹皮エキス(湿潤剤)・ムクロジ果実エキス(湿潤剤)・グリチルリチル酸2K(矯味剤)・トコフェロール(湿潤剤)・キシリトール(甘味剤)・PEG-30水添ヒマシ油(可溶化剤)・ハッカ葉油(香味剤)・ローズマリー油(香味剤)・アニス酸Na(保存剤)・カプロイルプロリンNa(湿潤剤)・グリセリン(基剤)・BG(基剤)・エタノール(基剤)

 

この成分の中で研磨剤と呼ばれるのは『ヒドロキシアパタイト(ハイドロキシアパタイト)』っていう成分になります。

 

「え?なにそのヒドロキシアパタイトって」

 

あんまり聞きなれない用語だと思います。

 

ヒドロキシアパタイトとは?

人体の骨、歯のエナメル質のほぼすべて、象牙質(エナメル質の内側にある)など、このヒドロキシアパタイトからできてます。
人の体になじみやすく、歯の修復剤や抗菌剤、医療用の材料などいろいろな用途に合わせて性質を変えられる不思議な物質です。

 

簡単にいえば、歯と骨の主成分がヒドロキシアパタイトです。

 

種類としてはたしかに研磨剤なんですが、さきほど書いた研磨剤と比べるとけっこう違いがあるんです。

 

プレミアムブラントゥースに含まれるヒドロキシアパタイト(研磨剤)の特徴

・初期虫歯や細かい歯のキズを修復(再石灰)してくれる
・歯の表面の汚れを吸着して除去してくれる
・歯を白くコーティングしてくれる

 

歯の汚れを除去するだけじゃなく歯の補強にも役立つので、この研磨剤で歯が削れて薄くなるっていう心配はしなくてよいと思いますよ!

 

ちなみに、わたしは1本使い切って2本目突入してますが、別に歯が薄く半透明になったりしてませんし、知覚過敏ももちろんナシです(^^*)